2006年05月19日

カラー新書 中国茶図鑑

カラー新書 中国茶図鑑
丸山 洋平

定価: ¥ 924
販売価格: ¥ 924
人気ランキング: 23,850位
おすすめ度:
発売日: 2000-10
発売元: 文藝春秋
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

身体への影響に関する言及はなし
本サイトでとても評判が良くて買ってみました。個人的には、各種お茶の身体に与える効用についてのコメントを期待していたのですが、残念ながらそうした言及はありませんでした。本書は新書ではありますが、あくまで名前の通り「図鑑」ですから、中国茶入門として読むとちょっと期待はずれになります。図鑑としては価格比よい本です。とても綺麗で、お茶のカタログを見ているようです。

代表的な中国茶葉125点を紹介、味見以外はこの本で出来ます。
中国茶の本は沢山ありますが、この本は親書サイズでポケットにも入り旅行にも便利です。茶葉の名前が日本語(漢字とかな)、中国語、中国語の発音記号が載っているので上海、台湾のお茶屋さんでもこのお茶が欲しいと指で指すだけで買い物が出来ます。イメージ写真の多い他の中国茶本とは質が違います。文字は小さいが図鑑の名に恥じない内容です。

お茶選びが、楽しく悩める!
中国茶を一通り、勉強したのち、もっと奥深い世界に魅せられた人は、絶対買い!です。これほど、多くの種類を客観的に紹介した本は、他にないのではないでしょうか?コンパクトながら、正しく「図鑑」という名に恥じない本です。
お茶の名前は、中国語の繁体字、簡体字の両方で表記されているので、大陸でも、香港、台湾でも、これを見せれば、お茶の名前が通じます。
また、水色の写真がでているところも嬉しい。水色をみれば、発酵の度合いが分かりますよね。私は、文山包種などのうすく出るお茶が好きなので、水色で、自分の好みかどうか判断をしています。中国では、試飲をさせてくれるお茶屋さんは多いですが、日本ではそうでもないですから。産地が書いてあるのも、大陸のお茶屋で見つかる物なので、台湾で探せるのかという手がかりになって、便利です。
本当に中国茶の世界にハマった人にとっては、とても親切は作りになっています。こんなブームになる以前は、香港などで、勘を頼りに選んで、失敗することも多かったのですが、そんなこともなくなりました。実用的であると同時に、一つ一つのお茶の解説を見ながら、「次はどんなお茶を買おう」と悩むのもまた楽しくて、見飽きない本です。
posted by ティム at 09:26| 中国茶関連(オススメ書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。