2006年03月09日

中国茶・アジアの誘惑―台湾銘茶紀行

中国茶・アジアの誘惑―台湾銘茶紀行
平野 久美子

定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 68,684位
おすすめ度:
発売日: 1999-05
発売元: ネスコ
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

中国茶の愉しみ
中国茶への入門書として最適な一冊だ。「中国茶といえば烏龍茶」という私の概念を払拭して有り余るくらいの解説。そして、やさしい語り口読み手にとっても嬉しい。工夫茶器を使用した、いわゆる中国茶の愉しみ方だけでなく、マグカップでも美味しく飲んでいいそうだ。そう、紅楼夢は飲み手それぞれの心の内にたゆたっているんですね。

心を洗う
 台湾を旅行して中国茶の深みを知った。いいお茶は日本の玉露と変わらない。それどころか、香りに関しては上ではないだろうか。日本人は中国茶というと褐色の烏龍茶をすぐ思い浮かべるが、本当の高級茶は玉のような緑色をしている。この本は帰国してから読んだが、中国茶の楽しみを著者の思い入れを込めてコンパクトにまとめて紹介している。仏文科出身のせいかワインにたとえて紹介しているのもおもしろい。でも、忙しい日本で暮らすわれわれが一番参考になるのは、中国茶を飲んで気分転換する方法だ。 高級烏龍茶をいれると、さわやかな山の香りが部屋の中に立ちこめてくる。
posted by ティム at 12:26| 中国茶関連(オススメ書籍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。