2005年10月06日

TIGERMILKの絵付けの紹介

TIGERMILKでの絵付けを簡単に説明すると、真っ白な陶磁器に絵を書いてもらって、それを電子窯にいれて7〜8時間焼き上げる。

それだけで実用的な食器が出来上がります。

こう書くと簡単なようですが、実際の所そんなに難しいわけではありません。
(もちろん、プロ並みの作品を作るのは難しいですよ)

TIGERMILKは根強い陶芸ブームの中、興味があっても教室に通ったりするのが面倒だったり、月謝が高額で通えなかったり、難しいのではないかと尻ごみしたり・・・そんな人達がもっと簡単に陶器に触れたり、オリジナルの陶器を作ることができたら・・・
そう思い、この絵付けのサービスを始めました。

絵付け自体まだまだ知られてないですし、全国に教室は数あれど、福岡にはまだ少ないです。
誰でも簡単にできるお絵かき感覚を生かしながら、堅苦しい教室ではなく好きな時間に来店できる自由な絵付け喫茶、それがTIGERMILKです。

〜絵付けの種類について〜

絵付けにも幾つか種類がありまして、まず上絵付けと下絵付けに分類できます。
一般的に絵付けとは上絵付けといわれるものが多いです
下絵付けとは釉薬がかかってない状態で、焼くため、書き直しができません。
TIGERMILKでは何度でもやり直しがきく上絵付けを行ってます。

また上絵付けにも種類があり、大きく二つに分かれてます。
おおまかにいうと分類すると

磁器上絵付(西洋)

チャイナペインティング・ポーセレンアートと呼ばれるものもある
基本的に繊細な絵柄が特徴的

磁器・陶器上絵付(和) 

主に有田、鍋島などが有名で、和絵の具を主に使う。

ちなみにTIGERMILKの絵付けは、基本的に有田の絵付けを元に行っております

またTIGERMILKでは絵付け用の素材は随時20種類以上御座います。代金の中に焼成代、道具使用料、材料代全て含まれております。
手ぶらで来て頂いてもすぐ絵付けが出来ます。5名様以上の場合はご予約が必要になります。

■陶器の絵付け■
タイル 525円〜
マグカップ 735円〜
灰皿 735円〜
お皿 735円〜
posted by ティム at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵付けの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。